都知事選、細川護煕さんを応援しています!

Share on Facebook
Share on GREE
Post to Google Buzz
Share on FriendFeed
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]

都知事選挙が始まりました。
今度の日曜、2/9が投票日で、期日前投票はもう始まっています。

東京は日本の首都であり、
日本人の1割以上が住み、経済規模は、韓国やメキシコ1国と同じくらいの大きさ。
都知事は国にもものが言え、大きな影響力を持ちます。世界に対しても。
是非、この都知事選挙を、日本の針路にいい影響を与える選挙にしたいですね。

今回、私は細川護煕さんを応援しています。
理由は、
・電力最大消費地東京の問題として、脱原発を大きく掲げていること。
・それを実現するために、選挙の実働部隊となる大組織の応援は受けず、
 有権者に直接問いかける形で選挙を戦っていること。
・元熊本県知事、元内閣総理大臣と、行政のトップになった経験が豊富であり、
 また補佐するブレインも人材豊富で、東京都知事として即戦力であること。
です。

また、私が政治に興味を持った大きなきっかけは、
80年代後半から大きく動き出した世界の冷戦構造の崩壊であり、
日本の政界における、90年代初めの自民党長期政権(55年体制)の崩壊、
細川内閣の誕生であったからです。
あの頃私は、小学生から中学生にかけての時期でしたが、
毎日、政治の本にかじりついていました。
細川さんの主張は、私の政治への思いの原点でもあります。

20年近く政治の世界から離れ、街頭演説もしていなかった細川さん。
初めは、大丈夫かなと思いましたが、だんだんと気迫が前面に出てきました。
「殿のご乱心と言われたが、ご乱心するくらいの気概がないと、東京を変えられますか?
 私は何を言われようと戦います。槍でも鉄砲でも打ってこいという気分です!」
今はどんな応援弁士よりも演説に気合いが入っています。

今回、小泉元総理も、連日応援に回っています。
「原子力は安くて安心だと総理大臣の時もダマされていた。
 でも、ただダマされたと寝ていていいのかという気持ちがどんどん膨らんできた。
 原発の恩恵を受けてきたのは我々年寄りです。
 我々老人だけが恩恵を受け、若い人達にツケを回していいのか。
 私はもう先がないから再生可能エネルギーで経済を成り立たせていく新しい日本の姿を、
 実際に見ることはできないだろう。
 でも脱原発社会は我々が子孫に残すべき財産なのだ。
 私達は、若い人達のために、過去の過ちを改め、今、戦っているんです。」

政治の世界に入り、私が実感しているのは、
既得権益を持った大きな組織に頼らずに政治活動をすることの大変さです。
組織に頼らないと選挙で勝てないが、
組織に頼っては、その人達の言いなりにならざるをえないため、いい政策は実現できない。

脱原発は、多くの既得権を持っている人達が反対する大きなトピックです。
私の衆議院選挙の際もそうでしたが、脱原発を掲げた政党、候補者は、
なかなか選挙で勝てません。

今、元総理2人が立ち上がっても勝てないのであれば、
既得権を誰が打ち破れるのでしょうか。
私は、今の政界に危機感を持ち、
今まで以上に、全力を傾けて、都知事選挙の応援をしています。

実際、やはり元総理2人でも劣勢に立たされています。
テレビなどでも誹謗中傷も浴びせられています。
しかし、ネット選挙が一部解禁になった今、色々な手段で戦えるようになってきましたね。

「殿のご乱心」と記者を前に言った自民党の大物政治家は、電力会社から覆面で資金援助を受けているという報道も出てきました。個人的にこの方は立派な方だと私は思っているので、この方がどうのこうのと言いたいのではないのですが、こういった癒着は、残念ながら政界ではよくあることなのでしょう。

『パーティー券、電力9社覆面購入』(朝日デジタル)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140127-00000012-asahi-soci

5000万円で辞めた知事の後に、佐川から1億円もらっていた人でいいのかと言っている人もいますが、20年前にその問題を追及した元国会議員が「あれはデッチあげ」だったと告白し、今回細川さんの応援をしています。

『細川氏佐川問題追及の張本人 あれは「デッチ上げ、無茶苦茶」』(週刊ポスト)
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140127-00000011-pseven-soci

世論調査では、大組織を固めている舛添候補が大幅リードですが、
街頭演説の聴衆の数や、聴衆の拍手、熱は、
比べものにならないほど、細川さんに集まっています。
聞いている人達が涙する演説。多くのボランティアの申し出。
大組織に頼らない選挙を都民が支え、
脱原発、既得権打破で、再生可能エネルギー中心の新しい首都をつくることを掲げる。
この私が理想と思うやり方で、どれくらい票を取れるのか。
これだけ力量のある候補者とブレイン達でどれくらい戦えるのか、勝てるのか。

聴衆がこんなに熱狂する街頭演説は、私は経験したことがありません。
そして、これだけの熱狂にも関わらず、
世論調査の数字が出ないことにもびっくりしています。

あと一週間、私も全力で戦います!
国を思う者の一人として。

みなさま、新しい日本、新しい東京のため、是非、行動と投票を、ご協力お願いいたします!

[参考]
細川護煕ホームページ
http://tokyo-tonosama.com/index.html#home

[街頭演説の様子]
・2/2(日)銀座交差点はチラシが配れないほど聴衆がぎゅうぎゅうに押し寄せました。

・2/1(土)渋谷ハチ公前交差点はマイクの声が届かないほど聴衆の輪が広がりました。

・1/28(火)私の地元三軒茶屋。多くの地元の方々にお集まりいただきました。

タグ:

落合貴之を支援する