18歳から立候補できる選挙で政治を変える~多様な世の中をつくる第一歩

Share on Facebook
Share on GREE
Post to Google Buzz
Share on FriendFeed
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]

『論座』に掲載されました。

「18歳から立候補できる選挙で政治を変える~多様な世の中をつくる第一歩」
自ら行動しなければ政治は良くならない。民主主義の神髄に気づく契機に
(落合貴之 立憲民主党 衆議院議員)
https://webronza.asahi.com/politics/articles/2021071700005.html

(論座編集部より)
国内外に課題が山積する今、政治はそうした課題にどう向き合い、解決すればいいか――。
現役の国会議員が、それぞれ関心のある分野について、課題とその解決策について論じるシリーズ「国会議員、課題解決に挑む~立憲民主党編」。
今回は落合貴之衆院議員の2回目の論考です。

現在の政治の閉塞状況を変えるために、被選挙権を選挙権にあわせて引き下げてはどうかという提案。
「地盤」「看板」「カバン(鞄)」なしで国政に出てきた落合議員ならではの主張です。
コメント欄にぜひ、ご意見をお寄せください。

AC04C9DB-0AD1-4B38-8985-0C9CD8CB3A65

タグ:

落合貴之を支援する