被災地と政局

Share on Facebook
Share on GREE
Post to Google Buzz
Share on FriendFeed
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]

先週は、2回目の被災地入りをしました。

泊まった宮城県の旅館では、
お忙しい中も、女将さんが話をしてくださいました。

震災後、すぐに、東北電力の作業員、他県からの警察官や消防士を受け入れたり、
資金繰りや物の調達に奔走。

現在も、観光客はまだ1割にしか回復していなく、
被災地で働く、ボランティアの方々も受け入れていました。

沿岸部の自治体と隣接している岩手県の一関市も、
空いている公共の住宅を開放したり、職員を派遣したりと、
対応に追われていました。

そして、陸前高田市。
ここは、今まで訪れた中でもかなり被害がひどく、
見渡す限り、津波が建物をさらってしまっています。

まだまだ物資が不足しているとのことで、カップラーメンをどっさり持っていきました。
水道さえも復旧していないとのこと。

市の職員の方々は、げっそりし、ヘトヘトになりながらも、任務を遂行しています。

そして、気仙沼市は、まだまだ瓦礫の撤去も進んでいません。

この被災地の現場の方々、
そして被災地に派遣された警察、消防、自衛隊の方々は、
プロ意識を持ち、とても使命感があり、立派です。

一方、国会では。
私が被災地にいる間に、内閣不信任案が提出されました。

国のために、不信任案に賛成すると息巻いている民主党議員達。
マスコミの調べでは、70人は賛成にまわり、不信任案が可決される可能性もあるとのこと。

総理の近辺では、不信任案が可決されれば、衆議院を解散し、総選挙を行うとのこと。
テレビも新聞も大騒ぎでした。
「総選挙は物理的に不可能だ」と被災した自治体が訴える声もかき消され。

しかし、翌日、実際に、不信任案に賛成した民主党議員は2名だけ。

この忙しい中、
あの前日までの騒ぎは何だったのでしょうか。
そして、臆面もなく、前日と真逆のことをテレビカメラの前で話している議員達は、
何なんでしょうか。

政治というのは、何をしても反対が起こります。
そもそも何かを決めるということは大変なことですから、
社会の中で政治という機能ができたわけです。

上手く決めごとができず、戦争になった歴史は繰り返されてきました。
決めるということ、政治をすることは、命がけでやらなければならないことです。

政治の世界に関わるのであれば、闘争のために命を落とす覚悟が必要です。
それでなければ、何も決めることはできません。

しかし現在、残念ながら、政治をディベート大会と勘違いしている政治家が多いのでは
と思わざるをえません。その場その場の弁論に終始し、コロコロ変わる政治家たちの主張。
これでは、国民は、彼らにこの国を任せることはできません。

しかし、私は考えます。
みんなの党はまだ少しはマシだと。

ベンチャー精神を持って、手作りで政党を立ち上げ、
大政党の組織の嫌がらせを受けながらも、活動し、
その姿に賛同した人達が立候補をする。

覚悟がなければ、大政党に阻まれているみんなの党で、
活動を続けることはできません。

日本の現場のレベルはものすごく高いが、リーダーのレベルは低い。
昔から言われたことですが、そろそろ、リーダーを育てることを、
国民は真剣に考えないといけないのではないでしょうか。

自分達の地域で。自分達の会社で。
この混迷の時代の中で、命をかけて舵を切るリーダーを、
真剣に育てないといけないのでは。

これが、日本の未来を切り開くことにつながると、私は考えます。

タグ:

落合貴之を支援する