離党のご報告

Share on Facebook
Share on GREE
Post to Google Buzz
Share on FriendFeed
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]

特定秘密保護法案の衆議院での採決を経て、
11/27(水)朝、みんなの党を離党いたしました。

特定秘密保護法の重要性は理解しますが、今回の法案の中身では絶対に賛同できません。
秘密の指定範囲、指定者の責任、指定期間、チェック機関などの観点からみても、
悪用しようとすれば、政府機関のやりたい放題になりかねない今回の法案に賛成してしまっては、
選挙で「脱官僚」という理念を訴えてきたことを恥ずかしく思ってしまいますし、
今後、みなさまに何を言っても後ろめたさを感じてしまいます。

したがって、私は党の方針に賛同できないため、離党いたしました。

何日か前に、決意をいたしましたが、私は結党メンバーであり、
多くの方にみんなの党をすすめてきた責任、
多くの地方議員がみんなの党に入るきっかけを作った責任があります。
したがって、本会議での採決を見届けた上で、離党届を書き、
それを自分の手で渡辺代表の事務所に持って行くという手順を
一つ一つ思いを込めて踏んだ上で、
自分の考えで行動した上で、みなさまに報告したいと思いました。
普段顔を合わせている方にも事後報告になってしまったこと、お詫び申し上げます。

今日から無所属です。
活動費もアルバイトをして稼がなくてはなりません。

しかし、どんな状況でも、今まで訴えてきたことに磨きをかけ、更に精進を重ねながら、
今後も衆議院を目指して活動してまいります。
私は今後も、世の中を良くするため、全てをかけて戦います。
どうぞ、ご指導お願いいたします。

*写真は2009年1月の、みんなの党の前身団体「国民運動体―日本の夜明け―」発足記者会見

*その数日後の新宿西口、渋谷ハチ公前での街頭演説は、立ち止まる観衆で埋め尽くされました

タグ:

落合貴之を支援する