6/10(日)「国政報告会(ゲスト枝野ゆきお代表)」のお知らせ 世田谷区議候補 公募 実施中

開かれなかった臨時国会

Share on Facebook
Share on GREE
Post to Google Buzz
Share on FriendFeed
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]

安保法制でもめた昨年の通常国会は、9月下旬に閉幕。
今年1月4日に通常国会が開幕しましたが、
その間3か月以上も国会は開かれませんでした。

戦後、通常国会以外に国会を開かなかった年はありません。

昨年10月21日に野党の衆議院議員125名の連名で、
総理に対し秋の臨時国会の開催要求。
11月30日には、野党幹部が連名で、衆議院議長に申し入れ。
しかし、それでも開催されることはありませんでした。

安保法制で、ガクンと下がった安倍政権の支持率は、
3か月の冷却期間を空けたことで、再び回復。
安倍総理は、それを狙っていたのかもしれません。

しかし、憲法53条。
「内閣は、国会の臨時会の召集を決定することができる。
いづれかの議院の総議員の四分の一以上の要求があれば、
内閣は、その召集を決定しなければならない。」

ほとんどの憲法学者や元最高裁長官などが違憲だと指摘した、
今回の安保法制を無理やり通した直後に、また憲法無視。

私が政治活動を始めた5年前には考えられないような、
立憲主義の危ぶまれる状況です。
安倍政権の下で国会の重みは劇的に低下してしまいました。

一方、憲法で衆議院の解散権が与えられているのをいいことに、
前回の選挙も、自民党の支持率が高い時、自分達が勝てそうな時に、急いで選挙。
今年も、自民党が勝てそうであれば、衆議院選挙が行われるだろうとのこと。

政権に批判的なキャスターも相次ぎ降板。

このまま、総理のやりたい放題ではなりません。
後戻りできなくなる前に止めなければなりません。

12400498_937601892985137_7911669264879749973_n[1]

タグ:

落合貴之を支援する